表紙・カバー原稿の作り方

シメケンプリントをご利用の際の表紙・カバー原稿の作り方を紹介します。

原稿テンプレート

表紙・カバー用の原稿テンプレートをダウンロードできます。背表紙の長さを指定することができます。
原稿テンプレートのダウンロード

表紙原稿の呼び方(表1~表4)

おもて表紙を「表1」、その裏側を「表2」と呼びます。うら表紙は「表4」、その裏側が「表3」となります。
表1・表4 表2・表3
※上図は右綴じの場合です。左綴じでは表1と表4、表2と表3が反対になります。
表2・表3は標準でカラー印刷できますので、ご希望の場合は原稿を入稿してください。モノクロ印刷をご希望の場合はモノクロ原稿をご入稿ください。表2表3への印刷が不要の場合は入稿する必要はありません。

背表紙

本文ページ数が多くなるほど本は厚くなり、特にくるみ製本の場合では背表紙の原稿も作る必要があります。
※中綴じ製本では明確な背表紙はありませんが、背幅の長さだけ表1・表4を長く作ることが望ましいです。

背幅計算機

背幅 = mm
カバー原稿はこの数字より4mm多い数字にして作成してください。(参考:カバー原稿の作り方

表1・背表紙・表4をつなげて作る

表紙原稿作成例
原稿作成例
表紙原稿仕上がり例
仕上がり例
同人誌・冊子の表紙は、表1・背表紙・表4をつなげて作ることが一般的です。これで背表紙部分を綺麗に仕上げることができます。原稿テンプレートはこの形式となっています。

表紙サイズ一覧(つなげて作る場合)

仕上がりサイズ表紙原稿の横幅表紙原稿の縦幅
A4426+背幅mm303mm
B5370+背幅mm263mm
A5302+背幅mm216mm
B6262+背幅mm188mm
A6216+背幅mm154mm
B5正方形370+背幅mm188mm
A5正方形302+背幅mm154mm
CD248+背幅mm125.5mm

表1・背表紙・表4を別々に作る

ご入稿は表1・背表紙・表4が別々でも大丈夫です(表紙メーカーはこの形式となります)。背表紙が必要な場合があることに注意してください。表紙メーカーで背表紙のみ作ることもできます。
背表紙原稿がない
継ぎ目が目立ちます
背表紙がない場合
薄い本・中綴じ製本の場合
背表紙原稿がないと、くるみ製本では継ぎ目が目立ってしまう場合があります。中綴じ製本ではそこが折り目となるので特に問題ありません。継ぎ目部分が同じ色の場合は自然につなげることができる場合もあります。
背表紙を白紙にする
背表紙を白紙にする
表1・表4の背景が白紙だと自然な仕上がり
表1や表4を背表紙まで印刷する
表1や表4を背表紙まで印刷する
意外と違和感のない仕上がりに
背表紙部分を空白としたり、表1・表4のいずれかを背表紙まで印刷することで対応できる場合もあります。ご希望の場合は入稿時のメッセージでご指示ください。

カバー原稿

カバー原稿作例
原稿テンプレートのカバー原稿作例
折り返し
折り返しまで印刷できます
カバー原稿作例
折り返しの印刷が必要なくても、折り返しの
2本の線の外側まで作画してください
折り返し
少しはみ出すことで、巻いたときに
端まできれいに作画されます
  • 折り返し部分の横幅は 本の横幅÷2+20mm を推奨で、またこの幅が作成できる最大幅となります。原稿の端にはこれに加えて塗り足し3mmが必要です。これ以外のサイズで作成したい場合は、入稿時に横幅をお知らせください。
  • 本体に巻きつける構造なので、おもて部分は本体表紙より少し長く作る必要があります。本体表紙より4mm大きくすることを目安としてください。原稿テンプレートをする際も、本体表紙より背幅を4mm大きくしたサイズを使用してください。
  • 折り返し部分の印刷が必要なければ、表紙メーカーなどで作った本体表紙サイズ(塗り足しあり)で大丈夫です。このときも背表紙を本体より4mm大きくして作成してください。
表紙メーカーで作ったカバー
表紙メーカーで作ったカバー
折り返し
塗り足し部分が折り返しにはみだして印刷されます

カバー原稿サイズ(推奨)

仕上がりサイズ折り返し横幅(片方)カバー原稿の横幅カバー原稿の縦幅
B5114mm596+背幅mm263mm
A597mm494+背幅mm216mm
B687mm434+背幅mm188mm
A675.5mm365+背幅mm154mm
B5正方形114mm596+背幅mm188mm
A5正方形97mm494+背幅mm154mm
例:A6の折り返し = 105÷2 + 20 + 3 = 75.5mm
例:A6の原稿横幅 = 105×2 + 75.5×2 + 4 = 365(+背幅)mm