< スポンサーリンク(広告) >

pixelmmdpi 計算機

※数値はボタン(A3~)から選択するか、直接入力もできます。
※四捨五入で計算のため1pixel・0.01mmの誤差が生じます。
×
mm
  • A3
  • B4
  • A4
  • B5
  • A5
  • B6
  • A6
  • 葉書
  • 名刺
dpi
  • 72
  • 96
  • 150
  • 300
  • 350
  • 600
  • 1200
×
pixel
×
pixel
dpi
  • 72
  • 96
  • 150
  • 300
  • 350
  • 600
  • 1200
×
mm
×
mm
  • A3
  • B4
  • A4
  • B5
  • A5
  • B6
  • A6
  • 葉書
  • 名刺
×
pixel
×
dpi

デジタル画像(pixel)の印刷(mm)と解像度(dpi)

  • PC・スマートフォンなどのデジタル画像はpixel(ドットの数)、印刷ではmm・cmが大きさの単位です。デジタル画像(pixel)をどの大きさ(mm)で紙に印刷するか、を指定する数字が解像度(dpi)となります。
  • 100×100pixelを150dpiで印刷⇒16.93×16.93mm
    100×100pixelを300dpiで印刷⇒8.47×8.47mm
    同じサイズ(pixel)のデジタル画像を2倍の解像度で印刷すると、印刷サイズ(mm)は半分になります。
  • 解像度(dpi)は印刷の精細さ(細かさ・密度)も示しています。解像度が大きいほど 線が滑らか・グラデーションがきれい・トーンが鮮明 な印刷となり、解像度が小さいとドットが目立ちます。
  • ドットが目立たないように高い解像度(dpi)で印刷したいときは、大きいデジタル画像(pixel)を作る必要があります。印刷では300dpi以上が一般的です(150dpi程度あれば気にしない人もいます!)。
  • A5(210×148mm)に150dpiで印刷したい⇒1240×874pixelの画像が必要
    A5(210×148mm)に300dpiで印刷したい⇒2480×1748pixelの画像が必要
  • 解像度(dpi)はペイントソフトなどでは画像を作成する時や保存する時に画像に設定しておくことができます。設定できないソフトもあります。
  • 解像度(dpi)が設定されていなくても、印刷所の指定の大きさの画像(pixel)を作れば問題ないことがほとんどです。解像度が設定されておらず画像サイズ(pixel)も指定外の大きさである場合、どの大きさ(mm)で印刷すればよいかわからなくなります。
  • dpi は dots per inch の略で、1インチをいくつのドットで表現するか、というのが正確な意味です。mmなどで計算するときに中途半端な数字になるのはインチを基準にしてるせいです。
    100pixelを100dpiで印刷⇒25.4mm=1inch となります。
>> English version