画像データの原稿(イラスト・漫画・その他)

原稿テンプレート

画像データ原稿の作成はテンプレートのご利用をご検討ください。また、他社のテンプレートでも当社規定に従っていればそのままご利用できます。
原稿テンプレートのダウンロード

塗り足し

製本の際、見栄えをよくするために周囲を裁断いたします。そのため、切り落とされてもよい部分(「塗り足し」といいます)を余分に大きく描く必要があります。
塗り足し:3mm(3mm以上であれば可)
  • 上下左右を3mm大きくするので、原稿サイズは縦横6mm大きくなります。
  • 小説や4コマ漫画など、紙面の周囲が完全に空白であれば塗り足しは必要ありません(あってもなくても大丈夫です)。
  • 塗り足しのない原稿では、1:再入稿、2:当社で原稿を拡大して印刷、3:そのまま印刷(周囲に空白が発生することがある) のいずれかをお問い合わせさせていただく場合があります。
塗り足しの作成原稿
原稿テンプレート
塗り足しの仕上がり
仕上がり
塗り足しの部分は印刷後に内側の線で断ち切りされますが、塗り足し部分まで埋めておくことでページの端まできれいに印刷することができます。

塗り足しのよくある間違い

塗り足しがない作成原稿
端が印刷されない仕上がり
  • 文字やコマの枠線など、切り落とされてはいけない部分を端まで描かないようご注意ください。塗り足し部分より3mm以上内側に、余裕をもって描いた方が安全です。
  • 塗り足しまで描かれていない場合、印刷・製本の誤差によりページの端まで印刷されない場合があります。特にベタなどで埋めていると、白い線のように残って見栄えが悪くなります。

原稿サイズ・解像度

解像度

推奨解像度:300dpi もしくは 600dpi
  • 推奨より大きい解像度でも入稿できますが、印刷の解像度は最大で600dpiとなります。
  • 推奨より小さい解像度でも入稿できますが、印刷品質は劣化することをご了承ください。
  • 推奨解像度と異なる場合、スクリーントーンなどの網点部分でモアレ(意図しない縞模様など)が発生する場合があります。

原稿サイズ一覧

仕上がり
サイズ
作成する原稿
(塗り足し3mm)
画像原稿の例
(塗り足し3mm・300dpi)
A4210×297mm216×303mm2551×3579pixel
B5182×257mm188×263mm2220×3106pixel
A5148×210mm154×216mm1819×2551pixel
B6128×182mm134×188mm1583×2220pixel
A6105×148mm111×154mm1311×1819pixel
B5正方形182×182mm188×188mm2220×2220pixel
A5正方形148×148mm154×154mm1819×1819pixel
名刺91×55mm97×61mm1146×720pixel
ポストカード100×148mm106×154mm1252×1819pixel
A3297×420mm303×426mm3579×5031pixel
B4257×364mm263×370mm3106×4370pixel
A1ノビ610×890mm616×896mm7276×10583pixel
A2ノビ440×610mm446×616mm5268×7276pixel
A3ノビ329×489mm335×495mm3957×5846pixel

入稿ファイル形式

※混在しても大丈夫です(小説をpdf、挿絵をpsd、など)
  • pdf
    • Microsoft Word、小説PDFメーカー など
    • ※注釈機能で描画したものは印刷されません
  • psd
    • CLIP STUDIO PAINT、ペイントツールSAI、メディバンペイント など
    • ※レイヤーは統合してください
  • jpg、png、tiff、bmp
    • アイビスペイントX、コスプレ名刺メーカー、デジタルカメラの写真画像 など

カラー原稿の画像モード(CMYK・RGB)

  • カラー原稿はCMYK、RGBのどちらでも入稿できます。CMYKでの入稿を推奨します。
  • RGB画像は当社でCMYK変換して印刷するため、色に違いが生じる可能性があります。
    影響の大きいRGB
    蛍光色は影響が大きい
    印刷結果イメージ
    印刷結果イメージ
  • CMYK変換ツールで、印刷後のイメージをある程度確認できますので、ご活用ください。
  • モノクロ原稿は白黒2値、グレースケールのどちらでも入稿できます。

CMYK画像とは

印刷のための画像です。シアン(C)マゼンダ(M)イエロー(Y)ブラック(K:キープレート)の4色のインクの組み合わせで印刷するためのデータで作成されています。

RGB画像とは

PCやスマートフォン・デジカメなどのデジタル機器のディスプレイで表示するための画像です。レッド(R)グリーン(G)ブルー(B)の3色の光源(LEDなど)で、光の強さを調整して色を作ります。

CMYKとRGBの違いと変換

インク(CMYK)よりディスプレイ(RGB)のほうが多くの色を作ることができます(色域が広い)。インクで印刷するにはCMYK画像であることが必要ですが、RGB⇒CMYK変換すると色数が減少し、くすんだ色となることが多いです。
ペイントソフトで作成したりデジカメで撮影した画像はRGB画像がほとんどであり、CMYKで表示や作成するには専用のアプリケーションが必要となります(Adobe Photoshopなど)。
RGB⇒CMYK変換ツール

モノクロ原稿の画像モード

  • モノクロ原稿はグレースケールもしくは白黒2値の画像モードでの入稿を推奨します。
  • RGB、CMYKなどのカラーの画像モードでも、当社の方でグレースケールに変換して受付します。内容がモノクロで作成されていれば、特に問題はありません。
  • モノクロ本文のご注文でカラーの原稿を入稿した場合は、当社の方でグレースケールに変換します。印刷の濃淡がイメージと異なる場合がありますので、予めご了承ください。