原稿のサイズ・解像度・カラー

原稿テンプレート

画像データ原稿の作成はテンプレートのご利用をご検討ください。また、他社のテンプレートでも当社規定に従っていればそのままご利用できます。
原稿テンプレートのダウンロード

塗り足し

塗り足しの作成原稿
塗り足しとして3mm
大きく作成します。
塗り足しの作成原稿
塗り足しは印刷後に
切り落とされます。
塗り足しの作成原稿
端まで綺麗に印刷された
仕上がりになります。
塗り足しの作成原稿
実際は綴じた後に
大きい裁断機で一気に
端まで綺麗に印刷された紙面にするために、印刷後に周囲を裁断して仕上げます。そのため、切り落とされてもよい部分(「塗り足し」といいます)を余分に大きく描いた原稿サイズにする必要があります。
塗り足し:3mm
3mm以上であればOK!
  • 上下左右を3mm大きくするので、原稿サイズは縦横6mm大きくなります。
  • 小説や4コマ漫画など、フチが完全に空白であれば、塗り足しはあってもなくても大丈夫です。
  • 塗り足しのない原稿の場合、1:再入稿、2:当社で原稿を拡大して印刷、3:そのまま印刷(フチに空白が発生することがある) のいずれかの対応となります。ご希望の方法を入稿時のメッセージ欄でお知らせください。

塗り足しのよくある間違い

正しい原稿
作りたい本
塗り足しまで描かれていない
端まできれいに印刷されない
塗り足しまで拡大します
塗り足しまで描かれていないと、印刷・製本の誤差によりページの端まで印刷されない仕上がりとなります。入稿後、当社の方で塗り足しサイズに拡大する対応が可能な場合もあります(文字などが端に配置されていない場合)。
塗り足しに文字などがはみでる
文字がはみでて読めない
文字やコマの枠線など、切り落とされてはいけない部分を端まで描かないようご注意ください。塗り足し部分より3mm以上内側に、余裕をもって描いた方が安全です。

画像サイズ・解像度

推奨解像度

推奨解像度:300dpi / 350dpi / 600dpi

画像サイズ

原稿サイズ計算機
  • 300dpi・600dpiの原稿テンプレートをご用意しておりますので、ご利用をご検討ください。
  • テンプレートを使わない場合、原稿サイズ計算機でpixelサイズを確認してください。
  • 機器の性能やアプリの制限によって、高解像度は作成できないことがあります。制作環境に応じて解像度を選んでください。
  • 推奨より大きい解像度でも入稿できますが、印刷の解像度は最大で600dpiとなります。
  • 推奨より小さい解像度では、印刷品質が劣化することをご了承ください。
  • 推奨解像度と異なる場合、スクリーントーンなどの網点表現でモアレ(意図しない縞模様)が発生する可能性が高くなります。
画像サイズ・解像度のもっと詳しい説明

主なペイントアプリでのサイズ設定方法

アイビスペイント

アイビスペイントの最大サイズは4096×4096pixelなので注意!(表1~表4を繋げたA5表紙を作成するのに少し足りない)

メディバンペイント

CLIP STUDIO PAINT

FireAlpaca(ファイアアルパカ)

カラー原稿の画像モード(CMYK・RGB)

  • カラー原稿はCMYK、RGBのどちらでも入稿できます。CMYKでの入稿を推奨します。
  • RGB画像は当社でCMYK変換して印刷するため、色に違いが生じる可能性があります。
    影響の大きいRGB
    蛍光色は影響が大きい
    印刷結果イメージ
    印刷結果イメージ
  • CMYK変換ツールで、印刷後のイメージをある程度確認できますので、ご活用ください。
  • モノクロ原稿は白黒2値、グレースケールのどちらでも入稿できます。

CMYK画像とは

印刷のための画像です。シアン(C)マゼンタ(M)イエロー(Y)ブラック(K:キープレート)の4色のインクの組み合わせで印刷するためのデータで作成されています。

RGB画像とは

PCやスマートフォン・デジカメなどのデジタル機器のディスプレイで表示するための画像です。レッド(R)グリーン(G)ブルー(B)の3色の光源(LEDなど)で、光の強さを調整して色を作ります。

CMYKとRGBの違いと変換

インク(CMYK)よりディスプレイ(RGB)のほうが多くの色を作ることができます(色域が広い)。インクで印刷するにはCMYK画像であることが必要ですが、RGB⇒CMYK変換すると色数が減少し、くすんだ色となることが多いです。
ペイントソフトで作成したりデジカメで撮影した画像はRGB画像がほとんどであり、CMYKで表示や作成するには専用のアプリケーションが必要となります(Adobe Photoshopなど)。
RGB⇒CMYK変換ツール

モノクロ原稿の画像モード

  • モノクロ原稿はグレースケールもしくは白黒2値の画像モードでの入稿を推奨します。
  • RGB、CMYKなどのカラーの画像モードでも、当社の方でグレースケールに変換して受付します。内容がモノクロで作成されていれば、特に問題はありません。
  • モノクロ本文のご注文でカラーの原稿を入稿した場合は、当社の方でグレースケールに変換します。印刷の濃淡がイメージと異なる場合がありますので、予めご了承ください。