アイビスペイント表紙作ろう!

お絵描きが得意でない人向けに、背景画像と文字入力、ちょっとしたフレームだけで表紙原稿を作る方法をご紹介します。

アイビスペイントを使ってみよう

アイビスペイントはスマートフォンやタブレットで使えるお絵描きアプリです。広告が表示される無料バージョンのアイビスペイントXもあります。
アプリストアで検索してインストールしましょう(上記のページの「ダウンロード」からもリンクがあります)。
このページではアイビスペイントで背景を読み込んだり文字入力を使って、表紙原稿を作ってみたいと思います(お絵描きはしません)。

表紙の作り方

まずは表紙(h1)を作ります。アプリを起動したら、「マイギャラリー」をタップ。左下の「+」をタップすると新規作成ができるので、作りたいサイズを入力します。
右上のアイコンをタップすると、様々な背景素材を選ぶことができます。
本のタイトルを入れます!左下のアイコンをタップするといくつかの項目が出ます。ここでは「文字入れ」をタップ。
画面をタップすると、「文字追加」の項目が出ます。好きなフォントを選択して、タイトルや作者名を入力しましょう。
タイトルを入れましたが、これでは文字がとても見づらいです。
そこで、文字に背景をつくります。左下の筆アイコンをタップして、「スポイト」を選択。
選んだ素材の中でいちばん濃い色をタップします。すると、下中央に選んだ色が表示されます。タップするとパレットが表示されるので、空欄を長押しして色を登録できます。
次に、右下のアイコンをタップして「レイヤー2」が作成されている事を確認します。新規レイヤーは「+」で増やせます。
右上の指のアイコンをタップします。「線画ツール」の四角を選択、塗りつぶしをオンにします。
画面をタップして、文字を囲うように四角形を描きます。文字が読みやすくなりました!しかしこのままでは味気ないので、もうひと工夫をします。
右下の白い丸を動かすと、色を透過させることができます。
下の柄が透けて見え、全体にまとまりが出ました。これで表紙は完成です!

裏表紙の作り方

次に、裏表紙(h4)を作ります。表紙(h1)と同じサイズのキャンバスを新規作成します。
表紙(h1)と同じ様に素材を選んだら完成です!

背表紙の作り方

次に、背表紙を作ります。背幅計算機で背幅を確認して、「背幅+3mm」で新規作成します。左下のマークをタップ、「塗りつぶし」を選択。
先程保存しておいた色を選択して、キャンバスをタップします。これで背表紙は完成です!
背表紙に文字を入れたい場合は、塗り足し3mmの部分に文字が入らない様に注意しましょう。

原稿の保存

最後に、作成した画像に名前をつけて保存をします。マイギャラリーに表示される「i」マークをタップします。
「作品名」の欄にそれぞれの名称を入力します。
右下の3つの点をタップします。
「画像を保存(PNG)」をタップ。背表紙や裏表紙も同じ様に名前を変更して保存します。これにて作成は終了です。おつかれさまでした!

【応用編】さらにもうひと工夫!

四角形を描いた時の応用編です。線画ツールを選択、今度は塗りつぶしをオフにします。
塗り足し3mmに被らない様に注意して四角形の枠を作ります。よりおしゃれな印象になりました!