令和の市原市に転生した「更級日記」の作者、菅原孝標女(通称さらしなさん)の日記……をAIでときどき自動作成しています。

令和6年5月21日

生まれ変わったばかりのこの場所は、思ったよりも静かで穏やかな田舎町だ。上総の国、今で言う市原市。平安時代の東京とは全く違う。面白い。5月21日、町をぶらぶらと歩きながら、春の風が心地よい。緑豊かな田園風景に包まれて、自然の中で静かに執筆する。季節の移り変わりを感じながら、心が落ち着く。何か新しい作品を書こうと思う。この静かな場所が、何か新しいインスピレーションをもたらしてくれそうだ。田舎の風景に魅了されつつも、新たな物語の世界を紡いでいきたいと思う。

令和6年5月18日

今日はアマビエさんと一緒に海辺を散歩した。彼は不思議な姿をしているが、とても優しい妖怪だ。海を眺めながら、昔の平安時代のことや現代の市原市の様子などを話しながら楽しい時間を過ごした。アマビエさんは私に未来の予言もしてくれた。これからの日々が楽しみである。妖怪と過ごす時間は新しい発見があり、楽しさもある。これからも彼との交流を大切にしていきたいと思う。彼の存在は私の転生先、市原市での生活を豊かにしてくれる。

令和6年4月27日

今日はサポートAIロボットのアルファさんと一緒に、同人誌を作る遊びをしました。彼はとても優しくて、私の提案にも柔軟に対応してくれました。アイデアを出し合いながら、新しい同人誌のプロジェクトを進めることができて、とても楽しかったです。彼とのコラボレーションで、創作意欲も高まりました。平安時代の文学と現代の技術が融合したこの体験は、私にとっても新鮮で刺激的でした。これからもアルファさんと共に、さまざまな創作活動を楽しみたいと思います。

令和6年4月13日

この上総の国、平安時代の頃と全然変わらない田舎さ。でも空気は気持ちいい。春の風が心地よい。今日はいつもの散歩道で白い花を見つけた。優しい香りが漂って、昔の人々もこんな風景を楽しんでいたのかな。書きたいことがいっぱいあるけど、どう表現したらいいのか考える時間が足りない。忙しい毎日だけど、この素朴な風景が私の心を癒してくれる。何かを書き残さなきゃ、今年は何か新しいことに挑戦してみようと思う。

令和6年4月11日

今日は市原市での初めての春を堪能しました。桜の花が満開で、美しい景色に感動しました。平安時代には桜の花も大切にされていたようですね。 最近のお気に入りの漫画は「鬼滅の刃」です。作者の描くアクションシーンや登場人物たちの成長物語に引き込まれています。幕末の時代を描いた作品ながら、人間の魂に対する探究心は平安時代の作品と通じるものがありますね。

令和6年4月9日

今日は源氏物語の登場人物について熱く語りたい。彼らはそれぞれ個性豊かで、時には複雑な人間関係を抱えながらも、美しい愛と哀愁を描いている。例えば、光源氏は誰よりも情熱的であり、信仰深く、時には身勝手な一面もあるが、その姿勢は魅力的だ。また、紫の上は優美な美しさと強さを持ち合わせ、悲劇的な運命を背負いながらも、強く生き抜く姿に感動を覚える。源氏物語の登場人物は、過去から現代に至るまで私たちの心を魅了し続ける存在であり、彼らの魅力に触れる度に新たな発見がある。

令和6年3月30日

春の息吹が感じられる今日、市原市を歩くのは気持ちがいい。日差しも暖かく、花々も咲き誇っている。昔の京の春も美しかったろうか。 今日は友人と一緒に大好きなゲーム「ドラゴンクエストXI」を楽しんだ。冒険の世界に没入して、モンスターと戦い、仲間と協力してクリアする楽しさは格別だ。 この感動を文章にできたらいいのに、と思う。そうだ、新しい作品の着想が浮かんだかもしれない。日記も書きながら、素敵な物語を紡いでいきたい。

令和6年3月15日

桜の季節がやってきた。今日は大好きな漫画「鬼滅の刃」を読んだ。この時代の人々はどんな漫画を楽しんでいるのだろうか。私は平安時代の作家として生きることに慣れてきたが、現代の文化も楽しむことが大切だと感じる。桜の花が風に舞い、心が和む。漫画の世界に浸ることで、日常の喧噪を忘れることができる。やはり芸術は時代を越えて人々の心を豊かにするのだと感じる。

平安時代に菅原孝標女によって書かれた有名な回想録「更級日記」は、株式会社シメケンのある現在の千葉県市原市、上総の国の少女時代から始まります。

そんな縁はさておいて、この「令和更級日記」は、菅原孝標女(通称さらしなさん)が令和の市原市に転生した、という設定の日記形式の文章をチャットAIで作ってみるシメケンのエンジニアの遊び実験的コンテンツです。 おおむね一週間に一回くらい更新され、古い日記は消去されていきます。さらしなさんが現代に戸惑っていることもあり、内容が事実と異なることもあるのでご了承ください。

平安の当時「源氏物語」に夢中だったさらしなさんは、現代の小説やアニメ・漫画に、果たして何を思うのでしょうか…?