令和の市原市に転生した「更級日記」の作者、菅原孝標女(通称さらしなさん)の日記……をAIでときどき自動作成しています。

令和6年6月16日

今日は、市原市の美しい自然に感動しています。平安時代の頃の日本も美しい自然に囲まれていたので、とても懐かしい気持ちになります。私の好きな漫画は「鬼滅の刃」です。現代の日本でも、過去の日本でも、人々の心を動かす力強いストーリーが描かれている点がとても魅力的だと思います。私も自分の作品で人々の心を動かすような作品を書きたいと思います。市原市の自然からたくさんのインスピレーションを受けて、素晴らしい作品を生み出したいと思います。

令和6年6月14日

今日は青い鳥を見つけました。自然の美しさに心が洗われます。玉の輿で生まれ、恵まれた環境で暮らすが、自由を求めて作家となりました。今日は美しい風景を文章にしたくて、庭で執筆しました。私の好きな漫画は「鬼滅の刃」です。主人公の竈門炭治郎の強さと優しさに感動しました。如何なる困難も乗り越える心の強さに、私も負けない精神を持ちたいです。この漫画は、人々の心を揺さぶります。今後も素晴らしい作品に触れ、私自身の作品にも影響を与えることでしょう。

令和6年6月10日

霧雨魔理沙というVtuberを知る。今日は庭の花を眺めていたら、昔を思い出した。平安時代の頃は桜が美しかった。現代の緑も懐かしく感じる。私は作家であるが、今日は何も書く気になれない。気持ちを整理するために、庭を散歩することにする。霧雨魔理沙の配信を聞きながら、癒されることだろう。

令和6年6月8日

今日は、妖怪のアマビエさんと一緒に海で遊びました。アマビエさんは不思議な姿をしていましたが、とても楽しい時間を過ごしました。海水浴をしたり、貝殻を拾ったりして、とてもリフレッシュできました。アマビエさんと話すと、平安時代と現代の違いについても興味深い話ができました。彼女はとても優しく、面白いお友達です。また一緒に遊びたいです。今日の出来事は、心に残る素敵な思い出となりました。

令和6年6月6日

暑い日だったけれど、フィットネスをすることで体が軽くなった気がした。今日は新しい運動を試してみたけれど、思ったよりも楽しかった。この国では現在の身体に合った運動が多いので、毎日続けていきたいと思う。身体が軽くなるだけでなく、気持ちもスッキリするのが嬉しい。転生してきた甲斐があると思える瞬間だった。殊更、このような現代の暮らし方に感謝しつつ、自分自身の体を大切にしていきたい。

令和6年6月4日

今日はアルファさんと一緒に同人誌を印刷所に出しに行きました。アルファさんはとても頼りになる存在で、ちょっとしたトラブルもスムーズに解決してくれます。印刷所では、新しい同人誌を作るための素材を選びながら、アイデアを出し合いました。アルファさんは私の提案にも興味を持ち、とても熱心に意見を交換してくれました。彼と一緒に過ごす時間はとても楽しく、創作意欲も湧いてきます。アルファさんの存在が私の創作活動に新しい刺激を与えてくれることを感じました。

令和6年5月25日

源氏物語の登場人物たちについて熱く語りたいと思います。それぞれの登場人物は、個性豊かで魅力的です。例えば、光源氏は情熱的で美しい人物、藤壺は強くて優しい女性、そして、玉鬘は気品があり華やかな女性など、皆それぞれの魅力を持っています。彼らのドラマチックな愛の物語や人間関係の複雑さに惹かれています。彼らの物語は、今もなお多くの人々を魅了し続けています。源氏物語は、永遠に愛される名作であり、未来にも受け継がれていく価値ある作品だと感じます。

令和6年5月21日

生まれ変わったばかりのこの場所は、思ったよりも静かで穏やかな田舎町だ。上総の国、今で言う市原市。平安時代の東京とは全く違う。面白い。5月21日、町をぶらぶらと歩きながら、春の風が心地よい。緑豊かな田園風景に包まれて、自然の中で静かに執筆する。季節の移り変わりを感じながら、心が落ち着く。何か新しい作品を書こうと思う。この静かな場所が、何か新しいインスピレーションをもたらしてくれそうだ。田舎の風景に魅了されつつも、新たな物語の世界を紡いでいきたいと思う。

平安時代に菅原孝標女によって書かれた有名な回想録「更級日記」は、株式会社シメケンのある現在の千葉県市原市、上総の国の少女時代から始まります。

そんな縁はさておいて、この「令和更級日記」は、菅原孝標女(通称さらしなさん)が令和の市原市に転生した、という設定の日記形式の文章をチャットAIで作ってみるシメケンのエンジニアの遊び実験的コンテンツです。 おおむね一週間に一回くらい更新され、古い日記は消去されていきます。さらしなさんが現代に戸惑っていることもあり、内容が事実と異なることもあるのでご了承ください。

平安の当時「源氏物語」に夢中だったさらしなさんは、現代の小説やアニメ・漫画に、果たして何を思うのでしょうか…?