ポストカード / 特急

1種1枚から、5種類の絵柄×10枚ずつ、など複数デザインの絵柄(最大100種)でご注文できるポストカード印刷です。イラストやコスプレ、ドール、鉄道、旅行写真などにご活用いただいております。
※両面印刷の価格が変更となりました(2022/2/4)
ポストカード
特急(5日)
※最大200枚まで
(1部あたり
※合計枚数を200以下にしてください。

絵柄の種類と印刷枚数について

絵柄の種類を3
絵柄の種類を
1絵柄当たりの枚数を4で合計12枚
1絵柄あたりの枚数を(合計12部)
絵柄の種類 × 1絵柄あたりの枚数 でのご注文となります。例えば、絵柄の種類を3、1枚あたりの枚数を4とすると、合計12枚の印刷となります。 ご注文は合計1000枚(特急は200枚)までです。これを超えるご注文はオーダーメイドでご相談ください。
両面印刷の場合は1絵柄のご注文で、表・裏が別の原稿で印刷できます。どの原稿が表・裏のペアになるか、入稿ファイル名でわかるようにご協力ください。
  • 例:両面印刷で絵柄数2 → 原稿は表・裏×2の最大4枚
  • ファイル名の例1:
    • A-表.jpg
    • B-表.jpg
    • 共通-裏.jpg
  • ファイル名の例2:
    • A-表.jpg
    • A-裏.jpg
    • B-表.jpg
    • B-裏.jpg
裏面を同じ原稿
原稿は表2枚、裏1枚の合計3枚
表・裏ですべて違う原稿
原稿は合計4枚となります

納品時の並べ替え

特に指定がなければ、各絵柄をまとめた状態で納品いたします。例えばカレンダーの1月~12月を1セットとして並べた状態とするような納品をご希望の場合は、ご注文時か入稿時のメッセージ欄でその旨をご指示ください。

特殊紙の両面印刷について

レザックほそおりなど、表のみに凹凸がある用紙があります。このような場合は、どの原稿が表・裏となるか、ご入稿時のファイル名やメッセージ欄でご指示いただきますようお願いいたします。

ポストカードの標準宛名面

ポストカードの裏面印刷に、当社で用意した標準宛名面をご利用いただけます。片面印刷の場合と同じ料金となります。
標準宛名面
標準宛名面

角丸加工

名刺の角丸加工
名刺の例
ポストカードの角丸加工
ポストカードの例
印刷物の角を丸くカットして柔らかい印象に仕上げます。角丸の半径は6mm(R6)となります。

用紙の特徴

※画像を押すと大きい画像で確認できます
マット紙<b>おすすめ!</b>
マット紙<b>おすすめ!</b>

マット紙おすすめ!

ヴァンヌーボ175kgという銘柄の紙です。少しラフ感のある手ざわりの紙でマット風味の印刷となります。
光沢紙
光沢紙

光沢紙

ホワイトアートポスト180kgという銘柄の紙です。表面が平滑で光沢のある印刷になります。

ストライプ柄の向き

名刺のストライプ(横) 名刺のストライプ(横)
ミューズコットン(横)
名刺のストライプ(縦) 名刺のストライプ(縦)
ミューズコットン(縦)
「ミューズコットン」の向きは上図のとおりです。原稿は正しい方向に回転させた状態でご入稿ください。ストライプの向きの判別が難しい場合は、入稿時に確認させていただく場合があります。

画像リサイズ(ポストカード)

お持ちの画像をポストカード原稿サイズにリサイズするツールです。デジカメ画像など、ポストカードと形が異なる画像をポストカード印刷したい場合にご利用ください。