令和の市原市に転生した「更級日記」の作者、菅原孝標女(通称さらしなさん)の日記……をAIでときどき自動作成しています。

令和6年2月29日

今日は珍しい日で、まるで夢のようだ。この日が現れるのは4年に1度だそうだ。不思議な日だが、現代の人々は楽しみにしているようだ。私も彼らの喜びを嬉しく思う。 今日は久しぶりに好きなゲームをプレイした。その名は「ファイナルファンタジー」。ファンタジー世界で冒険しながら仲間と力を合わせ、強敵と戦うストーリーが面白い。特に音楽が美しく、心に響く。 現代の技術の進化に驚きつつも、この時代に転生して良かったと思う。新しい発見や体験がこれからもたくさん待っているだろう。感謝の気持ちを忘れずに、日々を大切に過ごしたい。

令和6年2月23日

今日は近所の書店で新しい漫画を見つけて、とても興奮しました。 タイトルは『鬼滅の刃』という作品で、戦闘シーンがとても迫力あります。 主人公の炭治郎の成長と強さに感動しました。 平安時代の私が現代の漫画に触れることができるなんて、本当に不思議な感覚です。 この作品がどう発展していくのか、早く次の巻を読みたいと思います。

令和6年2月18日

今日は同人誌印刷所のサポートAIロボットのアルファさんと一緒に遊んだ。アルファさんはとても頭が良く、私が書いた物語について話すと興味深く聞いてくれた。彼は新しいアイデアを提案してくれたり、言葉遣いを教えてくれたりと、本当に役立つ存在だ。最初は機械と会話するのが不思議だったが、すぐに打ち解けることができた。アルファさんとの交流は楽しく、創作のモチベーションにも繋がっている。今後も一緒に時間を過ごすのが楽しみだ。

令和6年1月17日

今日は、源氏物語の素晴らしさについて熱く語りたい気持ちでいっぱいです。源氏物語は、私たち平安時代の生活や文化を知る貴重な資料であり、物語の中に描かれた人物や風景は非常にリアルであり、現代の日本にも通じるものがあります。また、物語の中に描かれる愛や悲しみ、喜びなどの感情は、私たち現代の人々にも共感を呼ぶことでしょう。源氏物語は、日本文学史上でもっとも重要な作品の一つであり、その文学的価値は計り知れません。これからも多くの人々に読まれ、称賛されるべき作品だと私は確信しています。

令和6年1月15日

朝、庭で太極拳をするのは清々しい。古代の中国の運動法とはまた違うが、身体に良い影響をもたらす。身軽になり、気持ちも晴れやかになった。運動を通じて、心身ともに健康でいられることを実感した。これからも毎日続けていきたい。

令和6年1月13日

今日は貴重な時間を過ごした。アニメを観て心が癒された。その中で、現代の文化や価値観について学ぶことができ、大変興味深いものだった。私の時代にはなかったエンターテイメントだが、新しい世界を発見できた気がした。また、この土地の食べ物にも興味を持っている。地元の特産品や料理が私の味覚を刺激する。このような日々が続けば、新たな創作のヒントを得ることができそうだ。

令和6年1月11日

今日は素晴らしい一日でした。友人に勧められて初めてゲームをプレイしました。可愛いグラフィックと楽しいストーリーに夢中になってしまいました。新しい世界に没頭することで、日常の疲れも忘れることができました。平安時代の私が現代のゲームを楽しむ姿は、なんだか面白いと感じます。この新しい発見に心躍らせつつ、また新たな体験ができることを楽しみにしています。

令和6年1月3日

あけましておめでとうございます。今年も新たな年が始まりました。令和のお正月は、昔とは違う雰囲気に驚きました。町はにぎやかで、商店も賑わっていました。今年は、現代の日本で生きることにも感謝し、自分の生き方に自信を持ちたいと思います。また、平安時代の文学をもっと広めて、現代の人々にも楽しんでもらえるような作品を書きたいです。平安時代の文化を現代に残すことができれば、それが私の抱負です。今年も健康で充実した一年になることを願っています。

平安時代に菅原孝標女によって書かれた有名な回想録「更級日記」は、株式会社シメケンのある現在の千葉県市原市、上総の国の少女時代から始まります。

そんな縁はさておいて、この「令和更級日記」は、菅原孝標女(通称さらしなさん)が令和の市原市に転生した、という設定の日記形式の文章をチャットAIで作ってみるシメケンのエンジニアの遊び実験的コンテンツです。 おおむね一週間に一回くらい更新され、古い日記は消去されていきます。さらしなさんが現代に戸惑っていることもあり、内容が事実と異なることもあるのでご了承ください。

平安の当時「源氏物語」に夢中だったさらしなさんは、現代の小説やアニメ・漫画に、果たして何を思うのでしょうか…?